dsc_0476
除毛クリームで毛が薄くなるのは本当!?
除毛クリームには、肌表面の毛を目立たなくする効果に加え、一時的な抑毛効果があります。

このページでは、そんな除毛クリームのメリット・デメリットや、おすすめの除毛クリームについて紹介していきます。

1.除毛クリームで自己処理するメリット

除毛クリームで自己処理をするメリットはこの3つです。

  • 他の自己処理より除毛効果が持続する
  • 次に生えてくる毛が目立ちにくい
  • 抑毛効果で一時的に毛が細くなる

除毛クリームは、毛の元になるタンパク質を分解して毛を根本から取り除きます。
お肌に出ている毛を剃るカミソリや電気シェーバーよりもムダ毛へのフィット力が優れており、高い自己処理効果をもたらします。

また、毛を溶かすという性質から次に生えてくる毛の断面は丸く細くなるので、チクチクとした肌触りになることがなく、カミソリを使って自己処理をするよりも毛が目立たなくなるのです。

2.除毛クリームで自己処理するデメリット

除毛クリームで自己処理をするデメリットはこの2つです。

  • 肌への負担がある
  • 自己処理として費用が高い

除毛クリームの有効成分であるチオグリコール酸アンモニウムは、肌に刺激を与えてしまいます。

また、刺激だけでなくアンモニア特有の刺激臭もあるので苦手な人には辛く感じてしまうかもしれません。

費用の面では、例えば1本2,000円の除毛クリームを1ヶ月ペースで使う場合、1年で合計24,000円もコストがかかってしまいます。

しかし、これらの改善策として、脱毛を受けることで自己処理の頻度を下げることができます。

2-1.脱毛で自己処理の頻度を減らしてデメリット解決

脱毛を受けると自己処理の頻度が下がり、除毛クリームを使う回数が減ることで結果的にお肌への負担を軽減すことができます。

  • カミソリのチクチクや肌荒れが気になる
  • 除毛クリームだけだとコストが気になる

こういった人は、脱毛に通いつつ除毛クリームを使うことで、綺麗かつ、安価で処理することができるのでおすすめです。

通常価格だと割高に感じてしまう脱毛も、体験キャンペーンを利用することで格安で脱毛できるようになるので、チェックしてみましょう。

2-2.1,000円以下で脱毛できるおすすめサロン

除毛クリームを使いながらでも無理なく通うことができる、低価格のキャンペーンを実施しているサロンやクリニックをまとめてみました!

1,000円以下で脱毛できるおすすめサロン
脱毛サロン 回数 金額 脱毛箇所
ジェイエステ 12回 300円 好きな3部位1回+両脇12回
ミュゼ 無制限 108円 両脇・Vライン(回数無制限)
エピレ 1回~2回 980円 全身から2部位(同一部位可)

(全て税込みで表示しています。)

ジェイエステティック

価格 300円
回数 12回
脱毛部位 好きな3部位1回+両脇12回

ジェイエステでは好きな3部位を1回脱毛に加え、両脇脱毛が12回300円(税込)で通えて5年間の保証がついています。

保証期間内にまた生えてきた場合は無料で再度脱毛してもらえる注目のキャンペーンです。

ジェイエステは長い歴史と実績があるので安心して通うことができます。

とにかくも安くで脱毛したい人におすすめ

ミュゼプラチナム

価格 108円
回数 無制限
脱毛部位 両脇・Vライン(回数無制限)

ミュゼでは両脇+Vラインの無制限コースを108円(税込)で受けることができます。

腕や膝下など除毛クリームを使う部位を選びつつ、両脇とVラインが無制限で通うこともできるので除毛クリームを使う頻度を下げるにはぴったりのキャンペーンです。

いろんな部位を脱毛したい人におすすめ

エピレ

価格 980円
回数 1回~2回
脱毛部位 全身から2部位(同一部位可)

エピレのキャンペーンは、全身から好きな部位を2部位選んで1回脱毛できるプランです。

同じ部位を選択すれば、1部位を2回脱毛することもできるので1部位に集中して脱毛することも可能になっています。

満足度の高いサロンで脱毛したい人におすすめ

3.除毛効果の高いクリームを選ぶ3つのポイント

抑毛効果が高くて、使い心地が良い除毛クリームを選ぶには、次の3つのポイントを重点的にチェックしていきましょう。

  • 除毛成分が含まれているか
  • 保湿成分が含まれているか
  • 香り・匂いはきつくないか

除毛クリームに最も多く入っている除毛成分は「チオグリコール酸」です。

チオグリコール酸は毛の成分であるタンパク質を分解して、毛の素を溶かしてくれる働きがえるので、この成分が配合されている商品を選びましょう。

保湿成分が含まれていると使用時のお肌への負担が減らすことができるため、非常に重要です。

4.おすすめの除毛クリーム

上でご説明した3つのポイントから、除毛効果が高いクリームをご紹介します。

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリーム

除毛成分:チオグリコール酸カルシウム
保湿成分:尿素、大豆エキス、グリセリンなど10種類
香り:有効成分はそのままに臭いを分解
ヴィート バスタイム除毛クリーム

除毛成分:チオグリコール酸
保湿成分:尿素、シア油、グリセリン
香り:ローズの香りをブレンド

まとめ

除毛クリームはカミソリを使った場合より綺麗にケアすることができますが、クリームの量を考えると割高になってしまうことが多いようです。

しかしこれは、脱毛を受けて自己処理の頻度を下げることで改善することができます。

キャンペーンを利用すると低価格で、より綺麗に処理することができるので、カミソリ負けでお肌の負担に悩んでる人や、より綺麗にケアしたい人には脱毛を受けながら除毛クリームで自己処理するのがおすすめです。

1,000円以下で脱毛できるおすすめサロン
脱毛サロン 回数 金額 脱毛箇所
ジェイエステ 12回 300円 好きな3部位1回+両脇12回
ミュゼ 無制限 108円 両脇・Vライン(回数無制限)
エピレ 1回~2回 980円 全身から2部位(同一部位可)

(全て税込み)

次のページでは、除毛クリームの効果が出やすいケア方法や口コミをご紹介していきます。